第二次店舗等維持支援金

第二次店舗等維持支援金

対象地域: 徳島県 Tags: , ,

発行機関

福島県いわき市

募集期間

2021年2月22日から2021年3月31日まで

目的

新型コロナウイルス感染症の急速な感染拡大を受け、福島県では、令和3年2月14日(日)までを緊急対策期間として、接待を伴う飲食店及び酒類を提供する飲食店等に対する営業時間短縮、不要不急の外出・往来自粛の要請を行いました。
これらを踏まえ、要請により影響を受けた事業者の皆様の事業継続を支援するため、本市独自の緊急経済対策として、家賃等の固定経費の一部を補助します。

支援内容

▼支援額
(1)店舗等を賃借して事業を行っている事業者の場合
    月額賃料の2分の1の3か月相当分を補助します。

   ただし、月額5万円を上限額とし、3か月合計で最大15万円まで補助します。
    ※3か月の合計額が5万円未満の場合は、5万円とします。
    ※複数店舗を有する事業者は、店舗ごとに対象となります。
    ※賃料は、消費税のほか、事業の用に供する借地料、管理費、共益費、駐車場代を含みます。

(2)自己所有店舗で事業を行っている事業者の場合
    5万円を補助します。
    ※複数の自己所有店舗を有する事業者は、所有店舗ごとに対象となります。

支援規模

対象者の詳細

▼対象事業者
以下の要件全てに該当する事業者を対象とします。
(1)市内に店舗等を有する事業者(中小企業及び小規模事業者等。以下同じ)であること。
  ※市内に住民登録のない個人事業者は対象外。
  ※令和3年1月以降に設立(事業開始)した事業者は対象外。
(2)県が発出した「営業時間短縮の協力要請」及び「不要不急の外出・往来自粛の協力要請」に伴い、次のいずれかに該当し、別表1に掲げる業種に当てはまる事業者。
 ア 時短営業の対象となる飲食店と直接・間接の取引があること
 イ 不要不急の外出・往来の自粛により直接的な影響を受けること
(3)令和3年1月または2月の売上が前年同月比で3割以上減少している事業者。
  ※令和元年台風第19号により被災し、前年売上との比較が適当でない場合または開業して1年未満のため
   前年同月比ができない事業者については、対象月を除く直近3か月間の平均売上高と比較する。
(4)福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(時短営業協力金)の対象店舗でないこと。
(5)市税を滞納していない事業者。

対象地域

施策URL

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1588839520213/index.html

お問い合わせ

いわき市緊急経済対策コールセンター
 電話番号:0246-35-6200 (平日9:00~17:00)

資料

要領

別表1【対象業種一覧】

Share this post