令和3年度見本市等出展助成金(前期)の募集について

令和3年度見本市等出展助成金(前期)の募集について

対象地域: 広島県

発行機関

広島県広島市

募集期間

2021年2月15日から2021年3月15日まで

目的

 この制度は、市内の中小企業者等が新技術又は新製品の研究開発及び創意工夫により実用化又は商品化したものを、見本市・展示会その他中小企業者等の販路拡大につながる事業に出展する際に必要な経費の一部を助成することにより、市内の中小企業者等の市場開拓を促進し、地域産業の振興を図るものです。

支援内容

▼助成対象事業
 (1)新技術・新製品の研究開発及び創意工夫により実用化・商品化したものを見本市等(オンライン見本市を含む。)に出展する事業を対象とします。
 (2)出展する見本市等は、令和3年4月下旬から令和3年9月30日までに開催されるものに限ります。予備見本市等についても同様です。
 ※新製品は、申請日において実用化・商品化が完了していることを要します。
 ※申請は、前期・後期の募集において、いずれか1回のみです。
 ※予備見本市等:出展しようとする見本市の抽選漏れなど不測の事態により出展できない場合の対応として、予備の見本市等を申請できます(助成金交付決定額の範囲内での変更を認めるものです)。

▼助成対象経費
助成対象事業に要する経費のうち、小間料、会場整備費、カタログ等作成費、会場でのアンケート調査費及び出品物運送費が対象です。
 ※上記の全ての経費について、令和4年3月31日までに支払いが完了する必要があります。
 ※助成対象経費は、消費税及び地方消費税額を除いた額です。

支援規模

▼助成率及び助成限度額
 助成対象経費の2分の1以内で20万円以下
※交付する助成金の額に、1,000円未満の端数が生じた場合には、その端数を切り捨てます。

対象者の詳細

助成対象者は次の条件を全て満たす者とします。

 (1)広島市内に主たる事業所を有する中小企業者(中小企業支援法(昭和38年法律第147号)第2条第1項第1号から第3号までに規定する中小企業者であって大企業が実質的に経営に参画していない者をいう。以下同じ。)又は当該中小企業者が構成員となっている組合・研究開発グループ
 ここでいう「組合・研究開発グループ」とは、構成員の3分の2以上が広島広域都市圏内の市町(注)に主たる事業を有し、かつ、1者以上が広島市内に主たる事業所を有する中小企業者で構成された中小企業団体・グループのことをいう。
 (注)広島広域都市圏内の市町
  広島県:広島市、呉市、竹原市、三原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、世羅町
  山口県:岩国市、柳井市、周防大島町、和木町、上関町、田布施町、平生町
 (2)市税を滞納していない者
 (3)新技術・新製品の研究開発及び創意工夫により実用化・商品化したものを見本市等に出展する事業について、他の補助金、助成金の交付及びこれらに類する支援を受けていない者
 (4)申請日において、広島市、公益的法人等指導調整要綱に規定する指導調整団体等広島市関係団体による入札参加資格者の指名停止等の措置を受けていない者
 (5)企業の活動に係る関係法令等を遵守し、反社会的行為をしていない者
 (6)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する営業を行っていない者
 (7)暴力団、暴力団員若しくは広島県暴力団排除条例第19条第3項の規定による公表が現に行われている者又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する者でないこと

対象地域

広島県
山口県

施策URL

https://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/joseikin/joseikin05.html

お問い合わせ

公益財団法人広島市産業振興センター中小企業支援センター
〒733-0834広島市西区草津新町一丁目21番35号(広島ミクシス・ビル2階)
 電話082-278-8032 
 FAX082-278-8570
 E-mail:assist@ipc.city.hiroshima.jp

資料

R3前期 見本市等出展助成金募集案内

見本市等出展助成金交付要綱

Share this post