令和3年度鶏卵生産者経営安定対策事業

令和3年度鶏卵生産者経営安定対策事業

対象地域: 全国 Tags: , ,

発行機関

農林水産省

募集期間

2021年1月25日から2021年2月22日まで

目的

令和3年度鶏卵生産者経営安定対策事業に係る事業実施主体の公募を行います。鶏卵の需給・価格は季節的に変動することに加え、その生産は供給過剰を起こしやすい実態にあります。需給・価格の変動に応じ、鶏卵の価格差補塡や需給改善を推進する取組を支援するとともに、鶏卵の需給見通しの作成を支援することで、鶏卵生産者の経営と鶏卵価格の安定を図るものです。

支援内容

鶏卵の標準取引価格(月ごと)が補塡基準価格を下回った場合には、その差額(補塡基準価格と安定基準価格の差額を上限とします)の9割を鶏卵生産者に補塡する(補塡金交付額のうち生産者積立金から7/8を交付し、国庫補助金から1/8を交付する)とともに、鶏卵の標準取引価格(日ごと)が安定基準価格を下回った場合には、成鶏の出荷後60日以上の空舎期間を設けた場合に奨励金を交付します(生産者の拠出する協力金から1/4を交付し、国庫補助金から3/4を交付します)。あわせて、鶏卵の需給見通しの作成を支援します。

支援規模

補助金の額は、総額51億737万4千円

対象者の詳細

次の全ての要件を満たすものとする。
 1. 鶏卵生産者の積立てにより卵価の下落による損失を補塡する事業及び成鶏の更新に当たって長期の空舎期間を設けて需給改善を図る取組を支援する事業を実施すること。
 2.鶏卵の生産、販売等の需給に係る情報を収集・分析し、需給見通しの作成を行う事業を実施すること。
 3.本事業の実施に係る生産者積立金及び造成した基金の管理、価格差補塡交付金及び成鶏更新・空舎延長に係る奨励金の交付、鶏卵の需給見通しの作成及び会計処理等の業務を適切に実施することができる能力を有すること。
 4.鶏卵生産について十分な知識を持ち、鶏卵生産の状況を把握することができること。
 5.多額の生産者積立金を管理することから、積立てを行う鶏卵生産者と密接な連携を取ることができること。
 6.財務状況が健全であること。
 7.役職員が法令遵守の重要性を理解するとともに、法令遵守のための体制が整備されていること。
 8.事業責任者を定め、当該事業責任者が、本事業の実施期間中、日本国内に居住し、交付される補助金の適正な執行に関し、責任を持つこと。

対象地域

全国

施策URL

https://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/210125_221-1.html

お問い合わせ

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 生産局 畜産部 食肉鶏卵課 鶏卵食鳥班 宛て
TEL:03-6744-2130
FAX:03-3503-2738

資料

公募要領

Share this post