コロナに負けない!あつぎ中小企業応援交付金2

コロナに負けない!あつぎ中小企業応援交付金2

対象地域: 神奈川県 Tags: ,

発行機関

神奈川県厚木市

募集期間

随時

目的

新型コロナウイルス感染症拡大による第3波の影響により売上げが減少した市内中小企業の各事業所へ支援をします。
また、神奈川県からの感染拡大防止対策の夜間営業時間の短縮要請に準じて協力している事業者の皆様へも幅広く支援します。

支援内容

1.売上減少への支援
  一律:10万円
  ※令和2年中に開業し、売上げ減少の比較が困難な事業者の方は、制度詳細確定後にご相談ください。

2.感染拡大防止への協力支援
  一律:15万円
  支給要件:夜間短縮営業実施日数:令和3年1月12日から令和3年2月7日までの間で10日間以上

3.夜間営業時間短縮要請協力への支援
  一律:5万円
  支給要件:夜間短縮営業実施日数:令和3年1月12日から令和3年2月7日までの間で10日間以上

4.テレワーク導入への支援
  緊急事態宣言を受け、新たにテレワークを導入した企業に、導入に係る経費の一部を支援します。
  補助率:1/4
  支給金額:上限15万円
  支給要件:神奈川県の補助金の交付決定を受けたことが要件となります。
  対象経費:パソコン等の端末、ソフトウエアの購入又はリース料・利用料、就業規則等の整備に掛かった経費、テレワーク導入に係るコンサルタント料など
  対象期間:令和3年1月7日から令和3年3月31日までに新たにテレワークを導入した場合

支援規模

対象者の詳細

1.売上減少への支援
  新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、令和2年12月又は令和3年1月の売上げが、前年同月の売上に比べ15%以上減少している事業所等

2.感染拡大防止への協力支援
  神奈川県の夜間営業時間短縮要請を受けている店舗・事業所以外の店舗・事業所等
  対象例:小売店、学習塾、インストラクター、整骨院、個人タクシー、塾講師・ピアノ講師、ガソリンスタンド、ゲームセンターなど(通常20時を超えて営業している店舗・事業所が、営業時間を20時までに短縮した場合が対象。)

3.夜間営業時間短縮要請協力への支援
  神奈川県の夜間営業時間短縮要請を受けている飲食店(スナックや喫茶店を含む)、カラオケ店等
  (通常20時を超えて営業している店舗・事業所が、営業時間を20時までに短縮した場合が対象。)

4.テレワーク導入への支援
  市内に事業所がある中小企業者(常勤2人以上)
  神奈川県テレワーク導入促進事業費補助金(第2次)を活用した企業

対象地域

神奈川県

施策URL

http://www.atsugicci.or.jp/covid-19-2/

お問い合わせ

厚木商工会議所内「あつぎ中小企業応援交付金2」係
電話(平日9:00~17:30)
046-221-2153

資料

Share this post