農林水産物・食品の輸出産地化に向けた支援補助金の要望調査

農林水産物・食品の輸出産地化に向けた支援補助金の要望調査

対象地域: 香川県 Tags: ,

発行機関

香川県

募集期間

2021年2月17日まで

目的

農林水産物・食品の輸出産地化に向けた支援補助金の要望調査を実施します。当補助金の活用を希望する方は、事業実施計画をご提出ください。

支援内容

海外市場のニーズ、需要に応じたロットの確保、輸出先国の求める農薬規制・衛生管理等に対応した生産・加工体制を構築するためのGFPグローバル産地計画の策定及び計画の実施体制の構築、事業効果の検証・改善その他本事業の趣旨に資する取組について支援する。 具体的には、以下の取組について支援する。
なお、1の(1)の取組は、本事業の1年目の実施に当たって必須事項であり、年度内の早めに行うことが望ましい。ただし、GFPグローバル産地計画の認定を受けている場合はこの限りではない。

1 事業の内容
(1)計画策定支援
   GFPグローバル産地計画に必要な調査を実施し、計画を策定する取組等
  (補助対象経費)
   謝金、旅費、宿泊費、賃金、会場借料、調査費、委託費、機材使用料、資料購入費、
   通信・運搬費、資料印刷・製本費、消耗品費等

(2)生産・加工等の体制構築支援
   グローバル産地形成の実現に必要な①人材の育成、②農薬規制、動植物検疫、GAPの取組、HACCP等の導入、FSMA(米国における食品安全強化法)への対応のための調査、③ほ場の改良や生産・加工現場の規制に対する調査等を行う取組等
  (補助対象経費)
   謝金、旅費、宿泊費、ほ場賃借料、ほ場管理費、資機材費、成分分析費、賃金、調査費、研修受講費、委託費、検査官等の招へい費、会場借料、資料購入費、資料印刷・製本費、通信・運搬費等

(3)GFPグローバル産地計画の事業効果の検証・改善支援
   GFPグローバル産地計画の実効性を高めるため海外バイヤー等の招へいによるほ場や生産・加工現場の確認、テスト輸送・販売等による検証・改善を実施するPDCAサイクルを回す取組等
  (補助対象経費)
  謝金、旅費、賃金、会場借料、機材使用料、調査費、委託費、改良等に要する加工費、材料費、輸送費、通訳費、商談会等の出展費、海外バイヤー等の招へい費、使用料、 通信・運搬費、資料印刷・製本費等

(4)その他支援
    本事業の趣旨に資する取組((1)から(3)までに該当しない取組)

(5)事業推進費
   (1)から(4)までの事業を推進するために要する経費であって、総事業費の5パーセントを上限とする。

支援規模

補助率については定額とし、1事業実施地区当たりの補助金額については、7百万円を上限とする。

対象者の詳細

対象者は、計画的に輸出に取り組む意向のある

(1)農林漁業法人又は組合
(2)食品等製造事業者
(3)農林漁業者を含む3者以上の連携体

対象地域

香川県

施策URL

https://www.pref.kagawa.lg.jp/nouki/6jika/20210122_gfp.html

お問い合わせ

香川県農政水産部農政課企画グループ・副主幹・好井(よしい)
TEL:087-832-3395(直通)
E-mail:te4573@pref.kagawa.lg.jp

資料

農林水産省・実施要領

Share this post