大企業 NEDO先導研究プログラム/新技術先導研究プログラム(追加公募)

大企業 NEDO先導研究プログラム/新技術先導研究プログラム(追加公募)

対象地域: 全国 Tags: , ,

発行機関

その他

募集期間

2020年12月4日から2021年1月13日まで

目的

本事業は、我が国がエネルギー・環境分野の中長期的な課題を解決していくために必要となる技術シーズ、特に既存技術の延長とは異なる、飛躍的なエネルギー効率の向上を含む脱炭素社会の実現に資する有望な技術の原石を発掘し、将来の国家プロジェクト等に繋げていくことを目的とします。

支援内容

▼対象となる研究開発テーマ
 研究開発テーマは、新規性、革新性及び独創性が高いものであって、研究開発フェーズとしては取組のごく初期の段階であり、
 実用化までの確実な見通しをつけることが現時点では困難であるが、研究開発に成功した場合、産業へ大きなインパクトを期待で
 きるものであること、すなわち、ハイリスクではあっても、ハイリターンが期待できることを重視します。

※本公募の対象となる研究開発テーマは、資料欄にある「公募要領」の別添1の「研究開発課題一覧」に該当する研究開発テーマ
 とします。
<2020年度追加公募 研究開発課題一覧>
A.:系統コストを抑制できるデジタル技術によるエネルギー制御システムの開発(革新的環境イノベーション戦略項目5)
A1:次世代電力ネットワークのパワエレ信頼性向上に資する技術開発
A2:再生可能エネルギーの大量導入及びレジリエンス強化のための電力系統制御等に関する技術
B. :分野間の連携による横断的省エネ技術の開発・利用拡大/未利用熱・再生可能エネルギー熱利用の拡大
  (革新的環境イノベーション戦略項目23/25)
B1:低コスト・省エネに資する酸素富化のための革新的な酸素分離・利用技術の開発
B2:表面・構造機能化による次世代熱物質交換プロセス・制御技術開発
B3:産業部門における高温加熱プロセスの小型化・省エネルギー化・脱炭素化のための革新技術の開発
C. :ブルーカーボン(海洋生態系による炭素貯留)の追求(革新的環境イノベーション戦略項目35)
C1:ブルーカーボン(海洋生態系による炭素貯留)追及を目指したサプライチェーン構築に係る技術開発
D. :農山漁村に適した地産地消型エネルギーシステム構築(革新的環境イノベーション戦略項目37)
D1:農山漁村に適した地産地消型エネルギーシステム技術開発、農林業機械・漁船等の電動化及びその普及に資する技術等の開発

支援規模

規模・NEDO負担率
上限 1億円以内 /(年度・件) 
事業形態:委託
NEDO負担率 100%

※大学・公的研究機関のみによる実施の場合は2,000万円/年度・件 を上限とします。

対象期間

対象者の詳細

企業(団体等を含む)、大学等

対象地域

全国

施策URL

https://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100270.html

お問い合わせ

国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構
イノベーション推進部 フロンティアグループ
担当者:田中、鬼頭、種部、本田、水尻
E-MAIL:enekan@nedo.go.jp

資料

Share this post