カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/コンビナート等における産業間連携を活用したカーボンリサイクル事業の実現可能性調査

カーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/コンビナート等における産業間連携を活用したカーボンリサイクル事業の実現可能性調査

対象地域: 全国 Tags: ,

発行機関

その他

募集期間

2020年12月7日から2021年1月12日まで

目的

既存の化学コンビナート等を調査対象として、各工場の特性を踏まえたエネルギーバランスやCO2の回収と再利用について産業間連携の現状調査を行い、コンビナート等全体におけるCO2排出量の大幅削減につながるカーボンリサイクル事業の実現可能性(システム構築概念設計等)について調査を行います。

支援内容

▼調査内容
(対象コンビナート等が選定されている場合は、②項から実施する。[提案書に選定理由記載])

① 対象コンビナート等の選定
 複数のコンビナート等において、各コンビナート等の特性を踏まえたエネルギーバランスやカーボンリサイクルの
 基幹物質(CO、H2、合成ガスやメタノール等の化学原料)等の物質収支などについて要点を絞って現状調査を行う。
 また、各コンビナート等の省エネ計画や CO2削減に向けた設備更新情報等を概略調査する。
 上記の調査結果から対象コンビナート等を選定する。なお、対象コンビナート等は、複数とすることも可とする。

② 現状調査とシナリオ策定
 対象コンビナート等(複数でも可)において、コンビナート等の特性を踏まえたエネルギーバランスやカーボンリサイクルの
 基幹物質(CO、H2、合成ガスやメタノール等の化学原料)等の物質収支などについて、現状調査を行う。
 また、対象コンビナート等の省エネ計画や CO2削減に向けた設備更新情報等を調査する。
 次に、対象コンビナート等の特性を活かしたパイプライン等によるエネルギーや基幹物質等の融通およびカーボンリサイクル事業
 の導入等の連携事業(産業間連携事業)について、概略検討等による 2030 年および 2050 年までの CO2削減のシナリオを策定
 する。
  (なお、①、②の成果等について外部委員会による審査後、③を実施する。)

③ システム構築概念設計等
 ②項で策定した 2030 年および 2050 年までの産業間連携事業の CO2 削減のシナリオに基づき、個々の産業間連携事業の
  CO2 削減効果と経済性を概略評価する。また、実証事業の案件を想定したシステム構築の概念設計(FS)等や事業体制の検討を
 行い CO2 削減効果と経済性を評価する。

④ 委員会等の実施
 全期間を通じて、専門家を含めた委員会、または、コンビナート等の関係者によるワーキンググループ等を事業者で開催し、
 コンビナート等の産業間連携事業の妥当性や事業主体などを検討する。

支援規模

事業規模 6億円程度(1件あたりの規模は、原則150 百万円程度以下とする)

対象期間

対象者の詳細

▼応募資格のある法人は、次の(1)~(7)までの条件、「基本計画」及び「2020 年度実施方針」に示された条件を満たす、
 単独又は複数で受託を希望する企業等とします。
(1) 当該技術又は関連技術の研究開発の実績を有し、かつ、研究開発目標達成及び研究計画遂行に必要となる組織、
  人員等を有していること。
(2) 委託業務を円滑に遂行するために必要な経営基盤を有し、かつ、資金及び設備等の十分な管理能力を有していること。
(3) NEDOがプロジェクトを推進する上で必要とする措置を、委託契約に基づき適切に遂行できる体制を有していること。
(4) 企業等が単独でプロジェクトに応募する場合は、当該プロジェクトの研究開発成果の実用化・事業化計画の立案とその実現に
  ついて十分な能力を有していること。
(5) 研究組合、公益法人等が代表して応募する場合は、参画する各企業等が当該プロジェクトの研究開発成果の実用化・事業化計画
  の立案とその実現について十分な能力を有するとともに、応募する研究組合等とそこに参画する企業等の責任と役割が明確化さ
  れていること。
(6) 当該プロジェクトの全部又は一部を複数の企業等が共同して実施する場合は、各企業等が当該プロジェクトの研究開発成果の
  実用化・事業化計画の立案とその実現について十分な能力を有しており、各企業等間の責任と役割が明確化されていること。
(7) 本邦の企業等で日本国内に研究開発拠点を有していること。なお、国外の企業等(大学、研究機関を含む)の特別な研究開発
  能力、研究施設等の活用又は国際標準獲得の観点から国外企業等との連携が必要な場合は、国外企業等との連携により実施す
  ることができる。

対象地域

全国

施策URL

https://www.nedo.go.jp/koubo/EV2_100222.html

お問い合わせ

国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構
環境部 次世代火力・CCUSグループ
担当者:井原、加美山、芦川、布川、阿部
FAX:044-520-5253
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

資料

応募要領

Share this post