令和2年度長崎県訪問看護ステーション人材確保事業補助金実施事業者の追加募集

令和2年度長崎県訪問看護ステーション人材確保事業補助金実施事業者の追加募集

対象地域: 長崎県 Tags: , ,

発行機関

長崎県

募集期間

2021年1月22日まで

目的

この補助金は、在宅医療及び介護の充実を図るため、訪問看護未経験の看護職を雇用し、育成を行う訪問看護ステーションに対し、教育体制の強化を図ることにより、過去に訪問看護(医療機関からのみなしを含む)の業務に従事した経験のない看護職が不安なく訪問看護分野への就労を選択できる環境を整え、もって就労を促し、質の高い訪問看護職の確保を図ることを目的とする。

支援内容

▼事業内容
訪問看護ステーションは以下の取組を行う。
①訪問看護未経験の看護職の雇用
訪問看護未経験者を新たに雇用する。
ア 県による選定日から令和3年2月1日までの間を始期とする雇用契約により、 訪問看護ステーションで初めて雇用された看護職であること。
イ 当該訪問看護ステーションに専従して勤務すること。
ウ 雇用形態は常勤・非常勤を問わない。ただし、育成期間中の週平均勤務時間が20時間を下回らないこと。

②訪問看護未経験者の育成計画の作成及び計画に則った育成及び評価の実施
当該訪問看護ステーションは、雇用開始から育成に必要な期間(最長6か月とする)の育成計画を作成、計画に則って、雇用をした訪問看護未経験者の育成を行うとともに、育成の段階ごとに定めた目標に対し、達成状況について評価を行う。
ア 育成計画は、訪問看護未経験者が、訪問看護の特徴と重要性について理解をし、基礎的な能力を段階的に習得することができるものであること。
イ 個々の訪問看護未経験者の成長段階に合わせ、必要に応じた計画の見直しを行うこと。
ウ 訪問看護未経験者に対し、外部研修や地域の関係機関との勉強会等の受講機会を積極的に提供すること。
エ 訪問看護未経験者が、業務上や就業を続けるうえでの不明な点や不安等について、日頃から相談できる環境を整えること。
オ 育成にあたっては、訪問看護経験豊富な指導力のある看護職を、指導者としてあてること。

支援規模

(1)補助対象経費
訪問看護未経験者の人件費及び研修等参加に係る経費
(2)補助対象期間
雇用開始から令和3年3月31日まで。
(3)基準額 月額 20 万円
(4)補助率 2 分の1

対象者の詳細

下記の要件を満たすこと。
ア 介護保険法第41条第1項本文の指定を受けた事業者であること。
イ 県内の過疎地域(自立促進特別措置法(以下、「過疎法」に基づき、長崎県で過疎地域に指定された地域)の訪問看護ステーションであり、アの指定後、1 年を経過しているステーションであること。
ウ 管理者又は指導者の訪問看護経験が5年以上であること。
エ 訪問看護経験 3 年以上かつ当該事業所に 1 年以上勤務する常勤の看護職員を 2 名以上配置していること。
オ 訪問看護経験が豊富な常勤の看護職を指導者としてあてることができること。

対象地域

施策URL

https://www.pref.nagasaki.jp/object/shikaku-shiken-bosyu/boshu/471917.html

お問い合わせ

長崎県福祉保健部長寿社会課地域包括ケア推進班
郵便番号:850-8570 長崎県長崎市尾上町3番1号
電話:095-895-2434
ファクシミリ:095-895-2576

資料

募集要領

Share this post