誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成実証事業 第二次

誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成実証事業 第二次

対象地域: 全国 Tags: , ,

発行機関

観光庁

募集期間

2020年8月21日から2020年10月5日まで

目的

訪日外国人旅行者6,000万人時代を見据えると、我が国の観光地において、より幅広い国や地域から来訪する観光客を受け入れる基盤を速やかに整備していくことが必要です。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により、従来の生活様式から変化が急速に進んでおり、これからは、国内外の観光客が安心して観光を楽しむことができるよう、地域が一体となって新たな生活様式に沿った旅行スタイルに対応した着地整備を行っていくことが重要です。
 こうした観点を踏まえ、観光庁では、地方公共団体、観光地域づくり法人(DMO)等が観光イベント・観光資源をより安全で集客力の高いものへと磨き上げるために実施する実証事業を公募し、これらの実証事業の支援を行うことを通じて、我が国における誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成に向けた取組の方向性の調査・検証を行います。

支援内容

【取組内容】
・ 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、業種毎に作成された感染拡大予防ガイド
ラインを遵守し、「新しい生活様式」の実践を意識した取組であること。

《新型コロナウイルス感染症対策に関わる支援対象経費》
① 専門家からの意見聴取にかかる経費
② 必要となる物品の購入・レンタル・リース費 等

支援規模

支援対象経費の上限は 1 件あたり 2,000 万円(税込)とし、選定件数や提案内容に応じて金額を決定します。

対象者の詳細

・ 提案者は、地域において本事業の主体となる団体(地方公共団体、観光地域づくり法人(DMO)、
観光協会、民間企業その他観光振興に取り組む団体・協議会等)とする。
・ 地方公共団体との連携を必須とする。また、観光地域づくり法人(DMO)、観光協会、民間企業
(宿泊施設・旅行会社・交通事業者・大手メーカー等)等、広く地域内の関係者と連携すること。

対象地域

全国

お問い合わせ

誘客多角化実証調査事務局(日本旅行グループ 株式会社ジャッツ)
電話番号:03-6410-8522 (受付時間10:00~17:00(土曜日、日曜日及び祝日を除く。))

資料

【公募要領】「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業(第二次).pdf

Q&A.pdf

申請書(様式1-3).xlsx

申請書(様式1-3).pptx

ホームページ

Share this post