葉山町持続化給付金<第一弾>

葉山町持続化給付金<第一弾>

対象地域: 神奈川県 Tags: ,

発行機関

神奈川県葉山町

募集期間

2020年8月31日まで

目的

ひき続き事業者の皆様を支援するため、「葉山町持続化給付金第2弾(5月~8月の事業収入に対する給付)」を8月4日から開始します。詳細は近日中に町HPに公開します。
なお、拡大対象者のみ「葉山町持続化給付金第1弾(2月~4月の事業収入に対する給付」の申請を8月31日まで受け付けます。

支援内容

▼支給額
一律 10 万円(個人事業主、会社等問わず)

支援規模

対象者の詳細

▼対象者
(1) 神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金を交付された事業者
(2) 藤沢市内に上記県交付金の交付対象となる事業所を有する事業者
(3) 神奈川県知事が休業要請及び夜間営業時間短縮要請を実施した日(令和2年4月10日)以前に藤沢市内で事業所を開業してお
  り,営業の実態がある事業者
(4) 神奈川県知事が休業要請及び夜間営業時間短縮要請する期間のうち令和2年4月24日から5月6日まで休業又は夜間営業時間短
縮要請に協力した事業者

▼対象者(①か②のいずれか)
①令和2年3月 31 日以前から申請時点に至るまで、町内に事業所を有する個人事業主又は会社等
※事業所とは、従業者と設備を有して、物の生産や販売、サービスの提供が継続的に行われているものを指します。
②令和2年3月 31 日以前から申請時点に至るまで、町に住民登録があるフリーランスを含んだ個人事業主

▼拡大対象者
国持続化給付金の制度改正に伴い、従前の制度を一部見直し、対象者を拡大しました。

1.業務委託契約等に基づく収入を、確定申告の際に雑所得又は給与所得で申告した個人事業主

(例:業務委託契約等に基づき、音楽教室、学習塾、ヨガ教室の講師、スポーツインストラクター等の、「生徒を教える」という業務を受託した個人事業主 など)

2.令和2年1月1日から3月31日の間に、新規創業した個人事業主又は会社等

(注釈)創業月~3月の平均事業収入と4月の事業収入を比較

3.令和元年中の新規創業者で、令和元年の収入のうち事業収入よりも給与収入が高かったが、今後は事業収入が最も高くなることが確認できる個人事業主

(例:雇用されていた会社を退職し個人事業主として独立した方 など)

(注釈)創業月~12月の平均事業収入と対象月を比較

4.令和2年1月1日から3月31日の間に、町内に事業所を設けた個人事業主若しくは会社等又は町に転入してきた個人事業主

1~4のいずれかに当てはまる事業者を拡大対象者とします。

また、その他の条件は従前の制度に準拠します。「葉山町持続化給付金申請の手引き」をご確認ください。不明点は産業振興課までお問合せください。

▼対象者
(1) 神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金を交付された事業者
(2) 藤沢市内に上記県交付金の交付対象となる事業所を有する事業者
(3) 神奈川県知事が休業要請及び夜間営業時間短縮要請を実施した日(令和2年4月10日)以前に藤沢市内で事業所を開業してお
  り,営業の実態がある事業者
(4) 神奈川県知事が休業要請及び夜間営業時間短縮要請する期間のうち令和2年4月24日から5月6日まで休業又は夜間営業時間短
縮要請に協力した事業者

対象地域

お問い合わせ

制度内容、申請方法について 産業振興課 046-876-1111(内線 372)
確定申告書、売上台帳等について 葉山町商工会 046-875-2810

資料

葉山町持続化給付金申請の手引き.pdf

ホームページ

Share this post