劇場等の文化芸術施設が行う映像撮影・配信にかかる費用を補助

劇場等の文化芸術施設が行う映像撮影・配信にかかる費用を補助

対象地域: 東京都 Tags: ,

発行機関

東京都新宿区

募集期間

2020年7月6日から2020年9月30日まで

目的

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、休業要請等の対象となり、収入を絶たれる等の影響を受けた区内の文化芸術施設が行う映像配信の新たな取組みに対して補助金を交付することで、文化芸術施設を支援するとともに、アーティスト等がパフォーマンスを発信する機会を提供します。補助金額は補助対象経費の9/10(上限額50万円)、件数は50件です。申請期限は9月30日(水)17時まで。予算に達し次第終了となります。対象となる経費や期間についてはリンク先をご確認ください。

支援内容

▼補助対象経費
令和2年4月7日(火)~令和3年3月31日(水)に支出した、または支出を予定している以下の経費
※ 令和3年2月28日(日)までに事業を完了してください。

◎人件費
動画制作に携わる出演者、スタッフ、編集・配信コンサルタント等の人件費
※人件費は一人につき10万円を上限とします。
◎機材等購入費
カメラ、パソコン、集音用マイクロフォン、スイッチャー、 モニター、キャプチャーボード、編集機器、配線用ケーブル類等の購入に係る費用
◎機材等賃借料
カメラ、パソコン、集音用マイクロフォン、スイッチャー、 モニター、キャプチャーボード、編集機器、配線用ケーブル類のほか、動画制作のために必要な機材等のレンタル料
◎工事費
 Wi-Fi 環境の整備に係る費用
◎消耗品費
 ソフトウェアの導入等に係る費用

支援規模

▼補助金額
補助対象経費の9/10(上限額50万円) 50件

対象期間

対象者の詳細

▼補助対象者と要件
東京都の休業要請又は時間短縮営業の対象となった施設のうち、下記アまたはイの施設の設置者であって、
以下(1)~(3)の全ての要件を満たす者

ア 劇場等 
  劇場、映画館、演芸場
イ ライブハウス
立ち見を中心とするコンサート会場や、ロックやジャズ等の演奏等を行うための専用スペースを備え、演奏等とともに飲食物を提供する施設

(1) 中小企業・小規模事業者、特定非営利活動法人、一般法人または公益法人であること。
(2) 住民税または事業税を滞納または分納していないこと。
(3) 代表者、役員または使用人その他の従業員若しくは構成員等が新宿区暴力団排除条例第2条第1号に規定する暴力団、同条第2号に規定する暴力団員、同条第3号に規定する暴力団関係者(以下「暴力団等」)に該当せず、かつ将来にわたっても該当しないこと、また、暴力団等が経営に事実上参画していないこと。

対象地域

お問い合わせ

新宿区 文化観光産業部-文化観光課
〒160-8484  新宿区歌舞伎町1-5-1
新宿区文化観光産業部文化観光課
文化芸術復興支援事業 担当
メール:bunka-shien@city.shinjuku.lg.jp
電話 :03-5273-4069(平日午前9時~午後5時)
※ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、来庁でのお問い合わせは受け付けません。
メールまたは電話にてお問い合わせください。

資料

新宿区文化芸術復興支援事業 募集要項.pdf

ホームページ

Share this post