令和2年度米活用畜産物等ブランド化推進事業のうち米活用畜産物等ブランド展開事業の公募

令和2年度米活用畜産物等ブランド化推進事業のうち米活用畜産物等ブランド展開事業の公募

対象地域: 全国 Tags: , ,

発行機関

農林水産省

募集期間

2020年7月30日から2020年8月21日まで

目的

本事業は、米を給与した畜産物や加工品のブランド化を推進するため、畜産物の付加価値の向上や、地域での飼料用米の取引価格の向上に向けた新たな取組の実証を支援します。このため、ブランド化による畜産物の需要拡大のための検討会や生産流通実態調査、販路開拓等に要する経費の支援を行います。実施要綱等の交付期限は3月17日(火)午後5時、 課題提案書等の提出締切は3月17日(火)午後5時必着です。

支援内容

事業の実施に当たっては、米活用畜産物等の新たなブランド化、その付加価値向上や需要拡大を図り、飼料用米の取引価格の向上をさせるため、次に掲げる事業を行うものとします。

(1) 推進検討会の開催
米活用畜産物等のブランド化を推進するための検討会を開催する。
なお、検討会において、飼料用米への財政負担、他の自給飼料のコスト・収量、輸入飼料の価格との比較についても検討し、展示会等において情報発信する。

(2) 生産流通実態調査の実施
米活用畜産物等のブランド化を推進するために必要となる生産・流通段階での実態調査を実施する。

(3) 販路開拓・販売促進
ブランド化した米活用畜産物等について販路開拓や販売促進のための取組を実施する。

支援規模

補助金の額は、1事業実施主体当たり原則として 1,500 千円以内とし、この範囲内で事業の実施に必要となる補助対象経費を定額で補助します。(ただし、補助金の額が 1,500 千円を超える場合において、事業の成果や波及効果等の観点から妥当と判断されるときは事業費の1/2相当以内とします。)

対象者の詳細

本事業に応募ができる団体は、次の要件を全て満たす者とします。
1 米活用畜産物等のブランド化を目的に、都道府県又は市町村、食品流通・販売事業者(中食・外食事業者を含む。以下同じ。)、農業者団体、農業者、消費者、学識経験者、その他本事業の執行に必要な者で構成する協議会であること。
2 主たる事務所又は事務局及び代表者の定めがあること。
3 補助事業の適切な執行体制(事業の進行管理、補助対象経費に係る経理及び事務処理能力をいう。)を有していること。
4 規約、組織規程、経理規程等の組織運営に関する定めがあること。
5 事業実施前までに協議会を設立していること。

対象地域

全国

お問い合わせ

農林水産省政策統括官付穀物課米麦流通加工対策室消費流通第1班
住所:〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
電話:03-3502-8111(代表)

資料

公募要領

ホームページ

Share this post