マスク生産設備導入支援事業

マスク生産設備導入支援事業

対象地域: 全国 Tags: , ,

発行機関

経済産業省

募集期間

2020年6月12日から2020年6月30日まで

目的

本事業は、経済産業省及び厚生労働省が発出した「新型コロナウイルスに関連した感染症の発生に伴うマスクの安定供給について」に資する事業です。日本国内において不足が懸念されているマスクについて、マスク関連原材料メーカー、マスクの成形メーカーなど「マスク生産事業者」が、マスクの更なる増産を速やかに実現するため、生産ラインの増強、新規生産ラインの設置や生産設備の導入等を行うための事業の経費の一部を補助することにより、日本国内でのマスクの安定的な供給量の確保を早期に実現することが目的です。

支援内容

▼事業内容
マスク生産事業者が、マスクの安定供給の確保を早期に実現するため、以下の方法によりマスク生産設備の増強を行うことです。
① マスク生産事業者が行う生産機械の購入・設置事業<一般事業>
② マスク生産事業者が行う既存生産ラインの改善・改修事業<一般事業>
③ 業界標準的な生産設備に比べて優れている先端設備導入事業<先進的事業>
※一般事業と先進的事業では、補助率及び補助額が異なります。
※原則、本補助金で増産する設備で月産1ラインあたり、不織布マスク100万枚以上、不織布マスク以外は1万枚以上生産することとします。

支援規模

▼補助率・補助額
一般事業、先進的事業毎の補助率・補助額は以下の通りです。
(1)一般事業(生産ライン毎)
① 補助率
中小企業者:補助対象経費の3/4以内
中小企業者以外:補助対象経費の2/3以内
② 補助額
上限30,000千円
(参考)補助額30,000千円は、
補助対象経費:中小企業者:40,000千円
中小企業者以外:45,000千円

(2)先進的事業
① 補助率(生産ライン毎)
中小企業者:補助対象経費の3/4以内
中小企業者以外:補助対象経費の2/3以内
※補助額30,000千円を超えた場合は、一律1/4以内
(参考)補助額30,000千円は、
補助対象経費:中小企業者:40,000千円
中小企業者以外:45,000千円
② 補助額
上限 200,000千円
※特にマスクの製造・包装工程における生産設備が、成形から不良品検知、包装等一貫した設備である等、マスクの生産量・出荷するまでの早さが他社の生産ラインに比べて優れ、必要人数が少ない等、高性能の先端生産設備であること。

対象者の詳細

▼応募資格
次の要件を満たすマスク生産事業者とします。
① 日本に拠点を有し、日本国内に生産設備を設置すること。
② 原則、マスク生産事業者としてマスク関連原材料若しくはマスクを生産した実績を有していること。マスクの生産実績が無い場合
 は、必ずマスクの生産実績を有している事業者との共同申請(コンソーシアム形式)を行うこと。
※コンソーシアム形式による提案の場合は、幹事者を決めていただくとともに、マスク生産事業者と連携し、幹事者が事業提案書を提
 出してください。(ただし、幹事者が業務の全てを他の者に再委託することはできません。)
③ 令和2年7月~9月中に機械装置の購入・設置・改修を完了すること。
④ 本事業を的確に遂行する組織、人員等を有していること。
⑤ 本事業を円滑に遂行するために必要な経営基盤を有し、かつ、資金等について十分な管理能力を有していること。経済産業省からの
 補助金交付等停止措置又は指名停止措置が講じられている者ではないこと。
⑥ 経済産業省及び厚生労働省が発出した「新型コロナウイルスに関連した感染症の発生に伴うマスクの安定供給について」に基づき、
 マスク生産を行い当面の間国内向けのみ出荷すること。なお、本事業の趣旨に鑑み、限られた地域等への供給のみを主たる目的とす
 るものではなく、日本国内でのマスクの安定供給に資する計画であること。
⑦ 更なる増産の早期実現を目指し、マスクの増産に必要な資材・人材等の体制を構築しようとしていること。

対象地域

全国

お問い合わせ

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2丁目13-2 Primegate4F
マスク・アルコール消毒液等生産設備導入支援補助事業 事務局
電話:03-5931-0714
FAX:050-3588-4024
E-MAIL:ma-al-bo-hojor2-ml@ntt-ad.co.jpメールリンク
受付時間:10時~12時、13時~17時/月曜日~金曜日(土日祝祭日・年末年始除く)

資料

ホームページ

NTTアドホームページ

募集要領

交付規程

留意事項

よくあるご質問(マスク生産設備導入支援事業)

Share this post