未来技術(AI,IoT,ロボット等)を活用した実証事業の実証フィールドを提供する事業者

未来技術(AI,IoT,ロボット等)を活用した実証事業の実証フィールドを提供する事業者

対象地域: 栃木県

発行機関

栃木県

募集期間

2020年6月10日から2021年3月31日まで

目的

Society5.0(超スマート社会)の実現の加速化に向けて県内において未来技術の社会実装を促進するため、未来技術を活用した実証事業の実証フィールドを提供する事業者を募集します。

支援内容

応募する事業所
栃木県が支援する未来技術(*)を活用した実証事業の実証フィールドを提供していただける事業者

未来技術とは、Society5.0(超スマート社会)の実現に向けた革新的な技術となるAI、IoT、5G、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、自動運転、ロボット(ドローン含む)、VR/AR、キャッシュレス、ブロックチェーン等をいいます。

<実証フィールド提供のメリット>
・未来技術による自社の生産性向上や高付加価値化の実現
・未来技術による地域課題の解決への貢献
・未来技術に対応した環境整備の実現
・人材確保に向けた企業PR

<協力を募集する実証事業>
現時点で募集する実証事業の登録はありません。(募集する実証事業は、随時掲載します。)(令和2年6月5日時点)

<実証フィールド>
実証フィールドとは、実証事業を実施する土地や建物等を指しますが、実証事業の内容によっては、人的な協力や設備等の使用、工場や店舗の改装等が必要になる場合があります。なお、実証事業に必要となる経費については、実証事業実施企業と実証フィールド提供事業者の協議により決定していただくことになります。(実証フィールド提供事業者向けの補助金(下記2)があります。)

支援規模

〇対象経費:実証事業に要する経費(人件費、原材料費、改装費等)
〇対象額:10分の10以内(上限200万円)

対象者の詳細

実証フィールドを提供する事業者

対象地域

お問い合わせ

産業政策課 次世代産業創造室
〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階
電話番号:028-623-3203
ファックス番号:028-623-3167
Email:sangyo@pref.tochigi.lg.jp

資料

ホームページ

Share this post