IoTシステム関連製品開発支援事業

IoTシステム関連製品開発支援事業

対象地域: 福岡県

発行機関

福岡県

募集期間

2020年5月15日から2020年6月30日まで

目的

IoTシステム関連製品開発支援事業の公募を実施いたします。

支援内容

▼製品開発支援の対象

 県内に事業所等を有する企業を対象に、IoTシステムに関連した製品開発並びに量産化のための設計・試作について支援します。

 製品開発については、事業期間内に製品または上市に向けたサンプル品の完成が見込まれる開発とします。ただし、可能性試験(Feasibility Study)としての開発については、事業完了後に製品化が見込まれる開発も対象とします。

 また、量産化のための設計・試作については、開発した製品(一定の概念実証が完了した試作機を含む。)の量産化の課題に取り組む事業とします。

支援規模

◇補助率1/2

◇補助額
製品開発
250万円程度

可能性試験(Feasibility Study)
100万円程度

量産化設計・試作
300万円程度

※新型コロナウイルス感染症の影響に係る特例が適用される場合は補助率3/4、補助額を引き上げます。

対象者の詳細

(1)本事業への応募資格は以下のとおりです。
①単独の場合
福岡県ロボット・システム産業振興会議(以下「振興会議」という)会員企業※3(法人格を有していること)であり、かつ県内に研究、生産・活動拠点を有するものであること。

②グループ※4の場合
全ての構成員は振興会議会員で構成されたものであり、かつグループのリーダーは県内に研究、生産・活動拠点を有する振興会議会員企業(法人格を有していること)であること。

(2)下記の方の提案はお断りします。
① 財務内容が著しく不健全である者
② 税金等の法律等で義務付けられている経費の滞納者
③ 暴力団員、もしくは暴力団員と密接な関係を有する者
(3)本事業は中小ベンチャー企業の製品開発支援を主な目的としています。大企業が提案する場合は中小ベンチャー企業との共同提案を推奨します。
※3 事業開始までに入会していただける場合も可です。福岡県ロボット・システム産業振興会議への入会につきましては、「16.問合せ及び応募書類の提出先」にお問い合わせください。
※4 本事業は、単独提案のみならず、複数の企業や産学官連携による共同体からの提案も可能です。共同提案の場合は、提案代表事業者を定める必要があります。提案代表事業者は、共同体における開発計画や予算の管理及び開発成果の普及等を主体的に行います

対象地域

お問い合わせ

問い合わせ・応募先
  (公財)福岡県産業・科学技術振興財団 
ロボット・システム開発グループ 山本、山下
TEL:092-832-7155、FAX:092-832-7158、E-mail:lsi-inove@ist.or.jp

資料

5.新型コロナウイルス感染症の影響に係る特例申請書.docx

2.提案書様式.doc

1.募集要項

3.事業実施要領

4.補助金交付要綱

6.チラシ

Share this post