小売・サービス業者による事業強化緊急支援補助金

小売・サービス業者による事業強化緊急支援補助金

対象地域: 福井県 Tags: ,

発行機関

福井県

募集期間

2020年5月15日から2020年6月11日まで

目的

新型コロナウイルス感染拡大により、県内の小売業・飲食業・宿泊業・旅行業・サービス業等を営む中小企業者等が売上げ減少などの大きな影響を受けていることから、こうした県内事業者の方が実施する現在の厳しい状況を乗り越えるための販売促進などの取組を支援します。

支援内容

▼現在の厳しい売上の状況を乗り越えるために実施する事業
・持ち帰り販売等のメニュー開発や予約システム構築
・臨時的・副業的に行う商品の製造販売
・ECモールへの出店やテストマーケティング
・ホームページの作成やWEB広告の掲載、販売促進広告の制作

▼回復期を見据えた事業継続のために実施する事業
・キャッシュレスやWi-Fi環境の導入
・メニュー等の多言語化や免税店設備の導入
・「新たな生活様式」による商品提供方法の導入
・新たな商品やメニュー等の開発
・おもてなしや衛生管理等の研修の実施や従業員研修用コンテンツの作成

※1(1)中小企業基本法第2条に規定する中小企業者および小規模企業者(旅館業は資本金5千万円以下または従業員200人以下とします。)
(2)非営利法人で(1)の業種分類に基づき、その主たる業種の従業員規模以下である者(国または福井県が出資している、または構成員になっている者は除きます。)
なお、非営利法人の種類により補助上限額が異なります。
         ◆一般社団法人・財団法人、公益社団法人・財団法人
          ・中小企業者で構成する法人 :60万円
          ・それ以外の者で構成する法人:30万円
         ◆特定非営利活動法人(NPO):30万円

※2 国または福井県が構成員に含まれる団体は補助の対象とはなりません。

支援規模

【補助率】
経費の3/4以内

【補助上限】
(1)中小企業者等:30万円
(2)複数の中小企業者等を含む者で構成する団体:60万円

対象者の詳細

  

(1) 福井県内に主たる事業所を有する小売・サービス業等を営む中小企業者等(※1) で、直近1か月の売上が前年同月を比較して減少している等の新型コロナウイルス感染症の影響を受けている者

(2)複数の中小企業者等を含む者で構成し、構成員の過半数以上を(1)の者で構成する団体(※2)

対象地域

お問い合わせ

主たる事業所を管轄する商工会や商工会議所、福井県商工会連合会、福井県商工会議所連合会にお問い合わせください。

資料

ホームページ

Share this post