外食産業におけるインバウンド需要回復緊急支援事業の要望調査

外食産業におけるインバウンド需要回復緊急支援事業の要望調査

対象地域: 滋賀県

発行機関

滋賀県

募集期間

2020年5月29日まで

目的

令和2年度補正予算において、「外食産業におけるインバウンド需要回復緊急支援事業」(新規)を創設し、外食事業者に対し、1,000万円を上限とした支援(補助率:2分の1)を講じることとしました。
本事業では、新型コロナウイルス感染症の影響を受けたインバウンド需要の減少により売上げが大幅に減少している事業者が、当該感染症収束後、速やかにインバウンド需要を回復させるため、衛生管理の徹底・改善を図るための設備・機器の整備や業態転換等を図る際の店舗の改装等の取組を支援するものです。

支援内容

○ 衛生管理の徹底・改善に対する支援
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたインバウンド需要の減少により売上げが減少している飲食店のうち、事業継続計画(BCP)を策定した事業者が運営するものについて、衛生管理・空気換気設備等の導入や店舗の改装等を支援します。

(支援対象となる取組例)
・ 空気換気設備の導入
・ 来店客用の手洗い設備の設置
・ ビュッフェスタイル等、特に大きな影響が生じた業態において、料理の提供方法や営業形態を変更するために必要な店舗の改装(設計含む)

〇交付対象経費等
(ア) 衛生管理の改善を図るための設備導入
設備及び機器の購入費、設計費、工事費(設備及び機器の設置に付随するものに限る)、設備及び機器の設置にかかる費用、モニタリング・検査費用、コンサルティングに係る費用等

・対象設備の例
店内又は調理場の空気換気設備、手洗い設備等
(イ) 業態転換を図るための改装
設備及び機器の購入費、設計費、工事費、モニタリング・検査費用、コンサルティングに係る費用等

・対象となる例
ビュッフェスタイルから一般的な提供方法への転換、パーティションの設置等
② 補助金の減額
事業実施者が、持続化給付金その他の収入を増加させる補助金等の支援を受けることにより昨年度の売上額を上回る場合は、上回った売上額相当額を補助金額から減額することとする。

支援規模

(ア) 補助率等
・ 補助率については、1/2以内とする。
・ 1事業申請あたりの交付額の上限 1,000 万円

対象者の詳細

(ア)事業実施主体:都道府県
(イ)事業実施者:外食事業者

対象地域

お問い合わせ

滋賀県農政水産部 食のブランド推進課 マーケティング係

 メールアドレス: gc01@pref.shiga.lg.jp

 ★新型コロナウイルス感染症の影響による勤務体制の変更のため、メールでの問い合わせにご協力をお願いします。

資料

ホームページ

Share this post