令和2年度くまもと型小規模事業者経営発展支援事業 今回は新型コロナウイルス感染症により経営上の影響を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者及び事業承継に取り組む事業者への重点的な支援を行います

令和2年度くまもと型小規模事業者経営発展支援事業 今回は新型コロナウイルス感染症により経営上の影響を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者及び事業承継に取り組む事業者への重点的な支援を行います

対象地域: 熊本県 Tags:

発行機関

熊本県

募集期間

2020年4月30日から2020年6月24日まで

目的

対象は小規模事業者です。補助対象経費は機械装置等費、技術導入費、クラウド利用費、知的財産権等関連経費、広報費、展示会等出展費等、補助率は補助対象経費の3分の2以内、補助上限額は200万円です。受付期間は4月30日(木)~6月24日(水)。補助対象者、対象事業、対象経費等はリンク先をご確認ください。

支援内容

▼補助対象事業
 補助対象となる事業は、次の1から5に掲げる要件をいずれも満たす事業であることとします。

1 「経営革新計画」等法令に基づく計画に沿って実施する、販路開拓や生産性向上、新商品開発、第二創業等のための取組みであり、3~5年で「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる取組みであること。

  ※開拓する販路として対象とすることができる市場の範囲は、日本国内に限らず海外市場も含むことができるものとします。また、消費者向け、企業向け取引のいずれも対象となります。

2 商工会・商工会議所及び「熊本県復興経営サポートオフィス」等による専門家の支援を受けながら取り組む事業であること。

  ※「支援を受けながら取り組む」とは、本補助金が事業経営に効果的に働くように、助言や指導、融資斡旋等の支援を受けながら事業を実施することです。

  ※今般の新型コロナウイルスの影響を受けた事業者(加点措置を受けた事業者)については、補助事業実施年度に感染症の影響を受けることを想定して、上記の付加価値額や経常利益の年率向上の目標を据え置きし、その翌年度から3~5年の間に達成する計画とすることが可能です。

3 熊本県内において実施される事業であること。

4 以下に該当する事業を行うものではないこと。

  ・同一内容の事業について、国(JETRO等の独立行政法人等を含む)や県、市町村が助成する他の制度(補助金、委託費等)と重複する事業
  ・本事業の完了後、概ね1年以内に売上げにつながることが見込まれない事業例)機械を導入して試作品開発を行うのみであり、本事業の取り組みが直接販売の見込みにつながらない、想定されていない事業

  ・事業内容が射幸心をそそるおそれがあること、または公の秩序もしくは善良の風俗を害することとなるおそれがあるもの、公的な支援を行うことが適当でないと認められるもの

   例)風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律第2条において規定する風俗営業

5 複数事業者による共同申請の場合には、連携する全ての小規模事業者が関与する事業であること。

支援規模

■補助対象経費および補助率等
1 補助対象経費
機械装置等費、技術導入費、クラウド利用費、知的財産権等関連経費、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借損料、専門家謝金、専門家旅費、運搬費、設備処分費、委託費、外注費

2 補助率
補助対象経費の3分の2以内

3 補助上限額
200万円
※補助対象とならない経費については公募要領を参照してください

対象者の詳細

(1) 熊本地震発生時に熊本県内で事業を行っており、かつ本補助金交付申請時において熊本県内で事業を行っている事業者であること。
(2) 熊本地震により事業資産が直接被災した、または売上減などの間接被害が生じた事業者であること。
(3) 小規模事業者であること。
※詳細は資料をご確認ください。

対象地域

お問い合わせ

提出先及び問い合わせ先 
   熊本県中小企業団体中央会
   〒860-0801
   熊本市中央区安政町4-19 TM10ビル2階A号室
   電話番号 096-234-7882

資料

公募要領

ホームページ

Share this post