岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金

岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金

対象地域: 岐阜県 Tags: ,

発行機関

群馬県

募集期間

2020年4月23日から2020年5月20日まで

目的

新型コロナウイルスによる感染が拡大する中、岐阜県は、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための岐阜県における緊急事態措置等」において、事業者の皆様に施設の使用停止や施設の営業時間の短縮へのご協力をお願いいたしました。この依頼に応じて、休業等の対象となる施設を運営されている方で、休業等に全面的にご協力いただける事業者の皆様に対して、「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」を支給いたします。申込締切5月20日(水)当日消印有効です。

支援内容

■趣旨
 新型コロナウイルスによる感染が拡大する中、岐阜県は、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための岐阜県における緊急事態措置等」(令和2年4月16日公表、以下「緊急事態措置」という。)において、事業者の皆様に施設の使用停止や施設の営業時間の短縮(以下「休業等」という。)へのご協力をお願いいたしました。

この依頼に応じて、休業等の対象となる施設(以下「対象施設」といいます。)を運営されている方で、休業等に全面的にご協力いただける事業者の皆様に対して、「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」(以下「協力金」という)を支給いたします。

支援規模

■支給額
 1事業者あたり50万円

対象者の詳細

本協力金の申請要件は、次の全ての要件を満たす方とします。

1.岐阜県内で対象施設(別表1)を運営する事業者(中小の事業者及び個人事業主)であること。

2.緊急事態措置による休業等を実施する前日(令和2年4月17日)以前から、対象施設に関して必要な許認可等を取得の上、対象施設を運営している方が対象です。

3.緊急事態措置による休業等の期間(令和2年4月18日から同年5月6日)の全ての期間において、岐阜県の要請に応じ、休業等を行うことが必要です。申請書には、4月18日から5月6日までの期間について休業等の状況を記載していただきます。

 この場合、県外に本社がある事業者も対象となります。なお、飲食店、料理店、喫茶店等の食事提供施設については、要請に応じて朝5時から夜8時までの時間帯に営業時間を短縮する(酒類の提供は夜7時までとする)場合及び終日休業する場合も対象となります。

 なお、床面積に関わらず、要請に応じて休業等を行った場合は支給対象となります。

4.申請事業者の代表者、役員又は使用人その他の従業員若しくは構成員等が、岐阜県暴力団排除条例第2条第1号に規定する暴力団、同条第2号に規定する暴力団員又は同条第3号に規定する暴力団等に該当せず、かつ、将来にわたっても該当しないこと。

また、上記の暴力団、暴力団員及び暴力団等が、申請事業者の経営に事実上参画していないこと。

対象地域

お問い合わせ

岐阜県新型コロナウィルス感染症に関する「協力金」の専用相談窓口(コールセンター)
 電話番号:058−278−2551
 受付時間:8時30分〜17時15分(土、日、祝日も開設しています。)

資料

別表1

別表2

別表3

ホームページ

Share this post