長崎県ロボット・IoT関連システム開発実証事業計画

長崎県ロボット・IoT関連システム開発実証事業計画

対象地域: 長崎県 Tags: ,

発行機関

長崎県

募集期間

2020年4月20日から2020年6月19日まで

目的

ロボット・IoT 関連分野において、専門的な知見を有する機関との連携のも と、新製品や新サービスを創出し、市場の開拓が見込めるシステム開発及び実証 試験を認定対象とします。 開発実証の対象は、「ロボット関連システム」又は「IoT 関連システム」としま す(両方を含むものも可)。

支援内容

▼認定要件
ロボット・IoT 関連分野において、専門的な知見を有する機関との連携※1のもと、新製品や新サービスを創出し、市場の開拓が見込めるシステム開発及び実証試験※2を認定対象とします。
開発実証の対象は、「ロボット関連システム」又は「IoT 関連システム」とします(両方を含むものも可)。
(1)ロボット関連システム
人の代わりに複雑な作業を自動的又は自律的に行う機械装置
(2)IoT 関連システム
AI、センシング等の情報技術を活用し、ネットワークに接続した複数の機器等を用いて、監視、制御、保守、分析、管理、決済などを行うシステム
※1:専門的な知見を有する機関との連携とは、産学連携や国内先進技術の取込みを促進するための、ロボット・IoT 関連分野に関して専門的知見を持つ県内大学、高専、誘致企業等との共同研究や技術支援体制の構築等をいいます。
なお、具体的な連携内容を、補助事業計画書(様式第2号)「6.事業推進体制」の欄に記載してください。
※2:実証試験とは、本事業において開発したシステムを、その使用が想定される企業等で実際に運用し、システムの性能や問題点を把握する活動を指します。
なお、実証試験先の企業等は、県内企業間の連携促進の観点から、長崎県次世代情報産業クラスター協議会の会員企業であることを基本とします。

▼認定を受けた企業に対する支援
認定を受けた企業に対して、次の助成制度等により支援します。
【長崎県ロボット・IoT関連システム開発実証補助金】
○助成対象事業
知事が認定した事業計画に基づき実施する事業
※ 対象経費は、次頁「助成対象経費一覧」を参照のこと。
※ 補助金の交付決定後に着手する事業が対象です。(交付決定前に発注したものは対象外になります。)
※ 事業年度が2年度間に及ぶ場合、年度ごとに申請等の手続きが必要です。
○助成率:2分の1以内
○助成限度額 : 10,000千円
※ 事業年度が2年度間に及ぶ場合は、2年度間の補助金合計額の上限が10,000千円となります。
※ 事業年度が2年度間に及ぶ場合の2年度目の限度額は、原則として当初認定した事業計画における補助金額とします。(計画途中における補助金額の年度間の配分変更は不可)

支援規模

助成率は2分の1以内、助成限度額は10,000千円です。

対象者の詳細

本事業の補助対象者は、以下(1)~(3)全ての要件を満たす者とします。
(1)本県内に本社又は事務所等を有する中小企業で、原則、県内において申請にかかる事業を実施する者。
(2)長崎県次世代情報産業クラスター協議会※の会員である者。
(3)本事業において開発したシステムの実証試験を自社以外の1社以上と協同で実施する体制を構築している者。

対象地域

お問い合わせ

長崎県産業労働部 新産業創造課 新産業支援班
〒850-8570 長崎市尾上町3-1
電話 095-895-2525  ファクシミリ 095-895-2544

資料

様式第2号(補助事業計画書)[Wordファイル/190KB].doc

様式第3号(申出書)[Wordファイル/47KB].doc

様式第1号(認定申請書)[Wordファイル/49KB].doc

ロボット・IoT関連システム開発実証事業計画_R2年度_募集要項

ロボット・IoT関連システム開発実証補助金実施要綱

ロボット・IoT関連システム開発実証事業計画認定要領

Share this post