令和2年度農山漁村振興交付金(農福連携対策のうち普及啓発等推進対策事業「TV番組による農福連携のプロモーション」)

令和2年度農山漁村振興交付金(農福連携対策のうち普及啓発等推進対策事業「TV番組による農福連携のプロモーション」)

対象地域: 全国

発行機関

農林水産省

募集期間

2020年4月30日まで

目的

令和2年度農山漁村振興交付金(農福連携対策のうち普及啓発等推進対策事業「TV番組による農福連携のプロモーション」)について、交付金の交付を受ける候補者を公募します。本事業は農福連携の全国展開を推進するため、障害者の農業現場における活躍の様子を発信し、農福連携の認知度向上を目的としたTV番組の製作、放映を行う取組を支援します。書類の提出期限は4月30日(火)17時です。支援内容

産・酪農収益力強化総合対策基金等事業のうち畜産環境対策総合支援事業について、事業実施主体を公募します。当事業は堆肥の高品質化やペレット化など、耕種農家のニーズに対応した「土づくり堆肥」の生産・流通を促進する取組を支援するとともに、悪臭防止や汚水処理について高度な畜産環境対策を実施する取組を支援し、増頭のボトルネックとなる畜産環境問題の解決を図り、畜産の生産拡大を後押しすることを目的とします

支援内容

TV 番組による農福連携のプロモーション
障害者の農業現場における活躍の様子を発信し、農福連携の認知度向上を目的とした TV番組の製作、放映を行う。
①番組内容
・番組製作に当たっては、農福連携に精通している著名人、タレント等を起用し、その者が全国の農業法人や社会福祉法人等の農福連
携の取組主体を訪問(取材)し、障害者、障害者の支援者、地域住民との交流を通じ、農福連携や取組地域の魅力を発信する番組内
容とする。
・取材する農福連携の取組主体は 10 程度を想定しているが、より効果的な取組にするため、放映方法等を踏まえ、主体数を増加する
ことは妨げない。また、取組主体の形態(農業法人、社会福祉法人、特例子会社、特別支援学校等)や地域のバランスを考慮する。
・単に取組主体の団体を紹介するだけではなく、そこで活躍する障害者や、その障害者を支援する人にもフォーカスした内容とする
よう留意する。
・取材先にはノウフク JAS の認証団体も含めること。また、それらの団体が出展するイベント(ノウフク JAS 商品の PR イベント、農福連携マルシェ等)も併せて取材し、障害者が携わった商品の魅力についても消費者に訴求する内容とする。
②放映方法
・製作した TV 番組は地上波で放映するものとし(併せて BS 波で放送することは妨げない)、効果的な情報発信となる時間帯(いわゆるプライムタイム等)に放映すること。
・放映回数、頻度、期間について、例えば、5分間番組を毎週 1 回、10 月から 3 ヶ月間放映する等、より効果的な情報発信となるよう工夫する。

支援規模

公募上限額及び公募予定数
6,000 万円を上限として、1事業実施主体を公募します。

対象者の詳細

事業実施主体は、次に掲げる者とします。
農業法人、社会福祉法人、特定非営利活動法人、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人、地域協議会、民間企業

対象地域

全国

お問い合わせ

農林水産省農村振興局農村政策部都市農村交流課
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
TEL:03-3502-8111(内線5448)
FAX:03-6744-0571

資料

農山漁村振興交付金(農福連携対策のうち普及啓発等推進対策事業「TV番組による農福連携のプロモーション」)公募要領

農山漁村振興交付金交付要綱

農山漁村振興交付金交付要綱(様式のみ)

農山漁村振興交付金実施要綱

農山漁村振興交付金(農福連携対策)実施要領

Share this post