令和2年度CLT建築物支援事業費補助金

令和2年度CLT建築物支援事業費補助金

対象地域: 愛媛県 Tags: , ,

発行機関

愛媛県

募集期間

2020年4月1日から2020年5月8日まで

目的

民間事業者等が建設するCLTを利用した建築物の建設・設計を支援し、県内にCLTを利用した建築物の建設を促進させることで、CLTの普及・PR及び需要拡大を図るため、事業主体を公募します。採択予定は6件程度、募集期限は5月8日(金)です。

支援内容

▼事業区分
CLT建築物建設支援事業
CLT建築物設計支援事業

▼事業主体
県内に施設を整備しようとする法人、団体、個人事業主、その他知事が適当と認める者

▼補助対象施設
施設の新築・増築・改築工事にCLTを構造部材等として利用した建築物(住宅と併用する施設は住宅部分を補助対象外とするが、住宅には共同住宅、長屋を含まない。)

▼補助対象経費
CLTを構造部材等に利用するために必要な経費

▼補助率等
・CLT建築物建設支援事業
CLT1立方メートル当たり100千円以内
ただし、1施設当たりの補助金の上限を10,000千円とする。

・CLT建築物設計支援事業
補助対象経費の1/2以内
ただし、1施設当たりの補助金の上限を2,000千円とする。

▼採択の条件
・CLT建築物建設支援事業
1.県から同種の補助金を受ける場合、補助金の重複がないこと
2.県が実施するCLT利用促進のための普及啓発(施工中の施設見学会及び施工後(完成後)の施設への視察受け入れ、パンフレットまたはホームページ等への掲載を承諾等)に協力できること
3.CLTは原則として、地域材を使用して県内で製造されたものであること
4.整備した施設の管理は、事業主体が主体的に行うこと
5.同年度における補助対象は、事業区分毎に1事業主体1施設とする
6.工期が2カ年以上にわたる施設は、施工箇所、事業費区分等で当年度分として区分できるものを補助対象とする。補助対象は、採択を受けた同一年度内に完了できること。なお、同一施設で補助を受けていないCLTがある場合は、継続して補助申請することができる。

・CLT建築物設計支援事業
3.同年度における補助対象は、事業区分毎に1事業主体1施設とする。
4.採択を受けた同一年度内に完了できること。
5.採択を受けた補助対象施設を建設することが確約できること。
6.地域材を使用して県内で製造されたCLTの利用を確約できること。
7.補助対象経費は、CLT建築物の設計に必要な経費のほか、設計に必要な調査費(地質、水質その他施設の規模、構造、能力等の設計に必要な諸条件を調査・試験するために必要な費用とする。)も補助対象とするが、事業実施に関連性のない経費は補助対象経費に含めない。

対象者の詳細

支援内容参照

対象地域

愛媛県

お問い合わせ

農林水産部林業政策課 木材流通戦略係
〒790-8570 松山市一番町4-4-2
電話番号:089-912-2589
ファックス番号:089-912-2594

資料

令和2年度CLT建築物支援事業費補助金交付要綱(ワード:135KB).doc

令和2年度CLT建築物支援事業実施要領(ワード:182KB).doc

Share this post