木材需要の創出・輸出力強化対策のうち「地域内エコシステム」構築事業のうち「地域内エコシステム」技術開発・実証事業

木材需要の創出・輸出力強化対策のうち「地域内エコシステム」構築事業のうち「地域内エコシステム」技術開発・実証事業

対象地域: 全国 Tags: , ,

発行機関

その他

募集期間

2020年3月25日から2020年4月17日まで

目的

森林資源をエネルギーとして地域内で持続的に活用するための担い手確保から発電・熱利用に至るまでの「地域内エコシステム」の構築に向け、小規模な技術開発等の取組を支援します。課題提案書提出表明書の提出締切は4月17日(金)17時必着、課題提案書の提出締切は4月24日(金)17時必着です。

支援内容

▼公募対象事業
公募対象補助事業
事業実施主体として選定された民間団体等には、別添1「令和2年度木材需要の創出・輸出力強化対策のうち「地域内エコシステム」構築事業の概要」に定める「「地域内エコシステム」技術開発・実証事業」を実施していただきます。

▼「地域内エコシステム」技術開発・実証事業
地域の森林資源の持続的な活用を図る「地域内エコシステム」の構築に資する木質バイオマスのエネルギー利用システム(小規模な熱利用や熱電併給等)の普及に必要となる小規模な技術開発・改良、実証等を行います。
具体的な取組は、以下のとおり実施します。

① 実施する技術開発・改良、実証等の内容に関する知見を有する有識者等から成る検討委員会を設置・運営します。
② 試作装置の設計・製作・改良を行います。
③ 試作装置の稼働に係る実証試験・分析を行います。
④ ①から③までの成果について取りまとめ、事業報告書を作成します。
なお、事業実施に当たり、(3)の事業により設置される検討委員会の指導・助言を受ける必要があります。

支援規模

定額

対象者の詳細

本事業に応募できる者は、民間団体等(以下「団体」といいます。)とし、以下の全ての要件を満たすものとします。
(1) 木質バイオマスの利用に関する十分な知見を有し、かつ、幅広い関係者とのネットワークを有する団体であること。
(2) 本事業を行う意思及び具体的計画を有し、かつ、2に定める事業内容を的確に実施できる能力を有する団体であること。
(3) 本事業に係る経理及びその他の事務について、適切な管理体制及び処理能力を有する団体であること(定款、寄附行為、役員名簿、団体の事業計画書・報告書、収支計算書等を備えていること)。
(4) 本事業の公正な実施に支障を及ぼすおそれがないものであること。
(5) 本事業において知り得た情報の秘密の保持を徹底すること。

対象地域

全国

お問い合わせ

林野庁林政部木材利用課
代表:03-3502-8111(内線6121)
ダイヤルイン:03-6744-2297
FAX番号:03-3502-0305

資料

公募要領

Share this post